検索

長野/白骨温泉・小梨の湯笹屋

白骨温泉・小梨の湯笹屋/露天風呂

こけしのいいゆ!ポイント

①古民家を移築したこぢんまり宿

湯船の白い温泉の成分が印象的

白樺林に囲まれた貸切露天風呂


 

白樺林の中に一軒宿の趣で建つ佳宿の極上湯

白骨温泉の歴史も古く、発見は戦国時代に遡るといわれる。
湯宿が出来たのは江戸時代に入ってからで、湯治客で賑わった。
当初は湯船の内側が湯の成分で白く変色したので「白船の湯」と呼ばれ、
大正時代になって中里介山の長編小説『大菩薩峠』に白骨温泉として登場し、それが一般的な通称となったという。
梓川支流の湯川の峡谷沿いに12軒の宿があるが、この宿は中心部から離れた白樺林の中に一軒宿の趣で建つ。
古民家を移築した民芸調の造りで、廊下でつながれた高台に離れもあるが、それでも全10室のこぢんまりとした宿。
内湯は窓を開け放つと半露天になる風情豊かな造りで、湯船を覆う温泉の成分が印象的。
白樺林の中に造られた貸切制の露天風呂は3~4人用だ。
( 写真上:貸切・露天風呂 )

 

白骨温泉・小梨の湯笹屋/女性内湯
内湯は窓を開放すると半露天風呂になる趣向。温泉の成分で固まった湯船が印象的だ。

 

白骨温泉・小梨の湯笹屋/客室
全10室のこぢんまりとした宿だが、クオリティは高い。離れ3室は高級感漂う造り。

 

白骨温泉・小梨の湯笹屋/料理
料理はすべて女将と主人の心がこもった手作り。岩魚の笹蒸し、そばがきが名物の味。

 

白骨温泉・小梨の湯笹屋/外観
白樺林に囲まれて一軒宿の趣で建つ宿の外観。古民家を移築した民芸調の佳宿である。

 


白骨温泉・小梨の湯笹屋

ふりがな:しらほねおんせん こなしのゆささや

住所:長野県松本市安曇白骨温泉

電話番号:0263-93-2132

交通

電車/松本電鉄新島々駅から白骨温泉行き(乗鞍高原経由)バスで約1時間20分、泡の湯下車、徒歩5分

車/長野自動車道松本ICから約1時間10分

泉質:含硫黄泉-カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉

源泉温度:33.3度

小梨の湯笹屋】公式ページへ

36.146816, 137.626762

 

文・写真/飯出敏夫
(公開日:2016年11月23日)


【小梨の湯笹屋】湯守インタビューはこちら

白骨温泉・小梨の湯笹屋/加藤二三子さん

15

関連記事

先頭へ戻る