検索
含よう素泉 (モール泉の湯)

温泉水1kg中によう化物イオンを10mg以上含む温泉。
平成26年7月1日の「鉱泉分析法指針」改訂で、初めて療養泉に加えられた泉質の湯だ。
温泉分析書では「含よう素-ナトリウム-塩化物泉」などと表記されるが、改定後に分析し直した施設が少なく、泉質名はめったにお目にかかれない。
湧出時に植物性の腐植物質を多く含むため、最初から茶褐色や黒色の湯で、「モール泉」と呼ばれる湯が多い。
飲用のみ高コレステロール血症に効果があるとされる。

色合いと肌ざわりの良さが魅力、含よう素泉 (モール泉の湯) へ。

前野原温泉・さやの湯処/男湯・露天風呂

東京/前野原温泉・さやの湯処(日帰り温泉)

①温泉への意識高し!都心の日帰り施設 ...
Load More
先頭へ戻る