検索

Vol.9/中棚温泉 中棚荘・富岡 正樹

小諸の老舗宿を継承した5代目湯守の、多角経営に踏み出した決意とは?

明治の文豪島崎藤村が33歳のときに発表した詩集『落梅集』の中の「小諸なる古城のほとり」で、「千曲川いざよふ波の岸近き宿」と詠った「岸近き宿」が、ありし日の中棚鉱泉である。
その歴史ある宿の5代目を継承した湯守はいま、旅行業を立ち上げ、2018年11月1日には自前のワイナリーも開業した。
注目の多角経営に踏み出した湯守の、その決意と展望に迫るインタビュー。

中棚温泉 中棚荘・富岡正樹

富岡 正樹 (とみおか まさき) /1956(昭和31)年5月9日、小諸市千曲川河畔で「中棚鉱泉」を営む富岡家の長男として生まれる。駒澤大学工学部卒業後、すぐに帰郷して家業に従事。30歳のときに父が急逝して、5代目を継承する。1988(昭和63)年新源泉の掘削に成功し、1993(平成5)年に新館(平成館)や新浴場の完成を機に、「中棚温泉・中棚荘」と改称、現在に至る。3男1女の父。2018年12月現在、小諸市観光局総合部長、「小諸義塾の会」幹事長などを務め、利き酒師やソムリエの資格も取得している。

 


「藤村ゆかりの宿」になったのは?

飯出 中棚荘の創業は1898 (明治31) 年、現当主の正樹さんで5代目だそうですね。創業の前年くらいから建物を建てたと思うんですけど、今の大正館の建物はその時の建物なんですか?

富岡 いえ、その時の建物はもう面影程度しか残ってないですね。大正と昭和にだいぶ改築しちゃってるんで、当時の一番最初の建物はもう残ってないですね。まぁ、水明楼は当時のままですけど。

飯出 あぁ、宿の前の高台に建っている茅葺きの建物ですね。で、その1898 (明治31) 年に建てた時は、中棚鉱泉っていうお湯は出ていたんですか?

温泉達人・飯出敏夫

富岡 そうですね。今も湧いてるんですけど。ちょっと赤っぽい湯で、沸かし湯だったんですね。

飯出 それはもう最初から湧いていたんですか?

富岡 それは、小諸義塾の塾長で木村熊二っていう先生が、開発した方がいいよっていうことで、開発が始まったんですね。

飯出 あぁ、じゃあ最初はまずお湯があって。

富岡 1892 (明治25) 年に、木村先生指導のもと、長野県で効能分析をしてるんですよ。

飯出 木村先生は、創業から関わってるんですね。

富岡 ここの水明楼に住んでいらっしゃったんですね。

中棚荘「水明楼」
▲木村熊二小諸塾長の別荘だった「水明楼」。中棚莊で管理していて、見学もできる。

 

飯出 あの水明楼は、もともとどこに建ってたんですか?

富岡 耳取にあった士族屋敷を移築して別荘とし、そこに住んでたんです。

飯出 なるほど。その縁で、小諸義塾に教師として赴任した島崎藤村が中棚鉱泉の湯に通った、というわけですね。

富岡 当時は千曲川の流れが目の下で、現在のように川との間に建物なんか無かったので「岸近き宿」だったんですね。


▲大正館にも古風な客室があり、こちらを希望する客も多い。写真は「藤村の間」。

 

新源泉の掘削成功が飛躍の契機に

飯出 それで、現在の新しい温泉を掘削して湧出したのが1988 (昭和63) 年ということですけど、これはどういう経緯で掘ろうと決めたんですか?正樹さんの代で掘ったんでしょ?

富岡 はい、私が掘ったんですけど。それまでの湯は量自体もタンクに貯めてようやく1日もつ程度で、冬はちょっと少なくなる。あと、父が温泉掘りたいって言ってたんですけど、早めに癌で亡くなっちゃったんで…。

飯出 お父さんは早くに亡くなられたんですか?

富岡 私が30歳のとき、61歳で亡くなって。まぁ、父の温泉が欲しいという希望は聞いていたので。

飯出 30歳の時は、もう結婚されてたんでしょ?

富岡 25歳で結婚したので、2人子供がいた時期ですね。

飯出 掘れば温泉が出るのは、確信してた?

富岡 いやぁ、もう条件として敷地の中で掘らなきゃいけないし。でも、例の「ふるさと創生」の前で良かったですよ。みんな掘り始めちゃって。

飯出 高くなった?

富岡 そうです、掘削料が高くなった(笑)。

中棚荘/りんご風呂
▲「まだあげ初めし前髪の…」藤村の詩にちなんだ「初恋りんご風呂」(10~5月に開設)。

 

飯出 あの頃は大体100メートル1000万って言われてましたよね?

富岡 そうですね。600メートル掘りました。その後に、アメリカの1000mでも2000mでも掘れる石油掘削用の機械がどんどん入ってきて、もう各地でめちゃくちゃ掘り始めて。

飯出 あれはやっぱり、そんなに深く掘るようになったのはアメリカの石油掘削用の機械が入ってからなんですかね?

富岡 その前の市町村とかで掘っていたのはまだ国内の機械だから、1000m掘れれば深い方だったと思います。

飯出 温泉が出た時は、感動しました? お~出たぁ!って感じ?(笑)

富岡 圧力あって、噴き上げましたね。川のように本当に出て、あぁこれは成功かなと。

飯出 でも今は、掘削自噴ではないんでしょ?

富岡 ずっと掘削自噴してたんですけど、それが一時止まったんで、ポンプアップにしたんですね。

飯出 まぁ、温泉は掘ってもしばらく使ってみないと安定するまでわからないっていいますもんね。でも、湧出量毎分250リットルでしょ?

富岡 そうですね。ただ、一軒だけの使用ですので、大事に使ってます。


▲壁には島崎藤村を描いた絵が掛かる書斎風のロビー。冬季は薪の暖炉が燃える。

 

飯出 お風呂のサイズも適正ですしね。

富岡 はい。うちの湯船は大きくないですが、最初に温泉が出た時に湯船を大きく造って困っているところはたくさんあるみたいです。

飯出 湧出量が豊富だから、客室の洗面所とかトイレとか、全部温泉を使ってるんでしょ? 僕なんかは部屋の洗面所やトイレは温泉にするなんて必要はなくて、お風呂の方をかけ流しに出来るといいなぁ、ってすごく思うんですけど。

富岡 そうですね。まぁ、かけ流しにするにはどうしてもボイラーを大型にしないと難しいんですよね。冬は寒いし、冷える率が高まるので。

飯出 う~ん、加温しないともたないから、そこは辛いところですね。夏はいいけど。

富岡 真夏はまぁまぁ。

飯出 38度でしたっけ?まぁ、ギリギリですよね。

富岡 そうですね。まぁ、夏でも40度くらいは欲しいですしね。

飯出 加温浴槽と源泉浴槽があると理想的なんですけどね。

富岡 そうですねぇ。


▲大きな栗の木が枝を伸ばす玄関前のカフェテラスでは、温泉水を使ったコーヒーを。

 

女将さんとの馴れ初めは?

飯出 正樹さんは、兄弟は何人ですか?

富岡 3人です。私が長男で、上が2人、姉なんです。

飯出 あ、お姉さんが2人いるんだ。お姉さんはどこへ?

富岡 神奈川と埼玉のほうへ嫁ぎました。

飯出 じゃあ、もう自分が継ぐ覚悟はできてたんですね?

富岡 もう、すり込みですよ(笑)。昔から言われ続けて。

飯出 選択肢はなかったわけですね。正樹さん、高校は野沢北?

富岡 そうです。大学は駒澤大学行って。ちょうど一番野球の強い頃です。

飯出 (女将の) 洋子さんも野沢?

富岡 隣の野沢南高校です。当時は女子校でした。

飯出 高校の時からもう知ってたんですか?

富岡 いや、知らないです(笑)。

飯出 洋子さんはいくつ違いなの?

富岡 同じ歳です。なので、同じ電車で通学していた可能性が高いです。

中棚荘/富岡正樹・洋子ご夫妻
▲カフェテラスの一角に置かれた愛用のバイクを前にした富岡正樹・洋子ご夫妻。

 

飯出 で、どこでそういう風になったんですか?

富岡 それは、スキーで知り合ったということになってます(笑)。当時は、高峰高原スキー場(現在の浅間2000)ですね。

飯出 そこで知り合ったの?

富岡 はい、スキーバスで。23~24歳くらいですかね。大学卒業して戻ってきてからですね。

飯出 その頃は、お父さんはご健在ですよね。中棚荘は、長いことお母さんが大女将として頑張っていたんでしょ

富岡 はい。うちの姉も2人いたんで、手伝いしてましたね。

飯出 洋子さんは4人も子供を育てられていますし、最初は旅館のことやる余裕なんてないですよね?

富岡 騙されて連れてこられたって、よく言ってます(笑)。

飯出 ははは。どこの旅館の女将も同じようなこと言ってますよ(笑)。

富岡 そうですかねぇ

1 2
4

関連記事

先頭へ戻る