検索

静岡/天城湯ヶ島温泉・落合楼村上

天城湯ヶ島温泉・落合楼村上/露天「天狗の湯」

こけしのいいゆ!ポイント

①金山開発の実業家が建てた宿

②7棟が国の登録有形文化財!

③温泉内にトンネル!!不思議な洞窟風呂


 

金山開発の実業家が贅を尽くした迎賓の館

川端康成の『伊豆の踊子』をはじめ名作の舞台となったのが中伊豆の名湯・天城湯ヶ島温泉
木立に覆われた清流沿いの自然豊かな温泉地である。
猫越川と本谷川が合流して狩野川となる合流点に、重厚な構えで建つのが落合楼村上だ。
創業は明治7年 (1875)。
付近の金山開発をしていた実業家が、金山を訪れる要人をもてなすために建てたという。
現在の建物は昭和8~12年 (1933~37) の建築で、
玄関棟、本館、別棟の眠雲亭など7棟が国の登録有形文化財だ。

客室は和室7・和洋室8の計15室
贅沢な用材や客室の障子に施された組子細工洋館の応接棟など興味は尽きない。
風呂は男女交替制の大露天風呂+洞窟風呂の「天狗の湯」モダンなタイル造り大浴場+露天風呂、
一度に20人ほども入れる大きな貸切露天風呂 (40分無料) がある。
( 写真上:男女交替制・露天風呂「天狗の湯」)

 

天城湯ヶ島温泉・落合楼村上/洞窟風呂
「天狗の湯」とトンネルでつながっている不思議な雰囲気が漂う「洞窟風呂」。

 

天城湯ヶ島温泉・落合楼村上/玄関棟
堂々たる構えの玄関棟。昭和8年 (1933) の建築で、国の登録有形文化財の一棟。

 

天城湯ヶ島温泉・落合楼村上/本館2階の客室「松一」
本館2階の客室「松一」。障子に施された組子細工や欄間に匠の技が光る。

 

天城湯ヶ島温泉・落合楼村上/朝食の一例
目にも楽しい小鉢の料理などが並ぶ朝食の一例。夕食は月替わりの会席料理。

 


天城湯ヶ島温泉・落合楼村上

ふりがな:あまぎゆがしまおんせん おちあいろうむらかみ

住所:静岡県伊豆市湯ヶ島1887-1

電話番号:0558-85-0014

交通

電車/伊豆箱根鉄道修善寺駅から河津駅行きバスで25分、湯ヶ島下車、徒歩15分 (バス停から送迎あり、要連絡)

車/東名高速沼津ICから約1時間

泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉

源泉温度:44.7~50.5度

落合楼村上】公式ページへ

静岡県伊豆市湯ヶ島1887-1

 

文・写真/飯出敏夫
(公開日:2017年5月29日)

4

関連記事

先頭へ戻る