検索

栃木/奥日光湯元温泉・奥日光高原ホテル

奥日光湯元温泉・奥日光高原ホテル/「男体の湯」露天(男湯)

こけしのいいゆ!ポイント

奥日光の最奥日本を代表する古湯

②温泉ファン必湯!? 温泉寺「薬師湯」

ペット対応部屋も!リゾートタイプの宿


 

標高1500mの高原の風が爽快な露天風呂が魅力

奥日光の最奥に位置する奥日光湯元温泉は、
男体山を開山した勝道上人が延暦7年(788)に発見したと伝わる日本を代表する古湯だ。
上人はこの湯を「薬師湯」と命名し、その地に寺を建てたのが今に残る温泉寺で、
温泉ファンには参拝者に開放する「薬師湯」があることでも知られる。
その脇に広がる湿原には源泉地があり、豊富な湯は光徳温泉や中禅寺温泉にも配湯されている。
高原の林間に温泉宿が24軒ほど建ち並んでいるが、
中心部に建つこの宿は最大収容力を誇るリゾートタイプの宿で、
客室は和室・洋室のほか、ペット対応の部屋も用意。
風呂は源泉かけ流しの内湯+露天風呂の男湯「男体湯」と女湯「女峰湯」
男女別の内湯+露天風呂の「高原の湯」の2ヵ所ある。
( 写真上:男湯・露天風呂「男体の湯」)

 

奥日光湯元温泉・奥日光高原ホテル/「高原の湯」露天(女湯)
「高原の湯」にある露天風呂。周囲のカラマツなどの林間に臨む快適な入浴が楽しめる。

 

奥日光湯元温泉・奥日光高原ホテル/「高原の湯」内湯(男湯)
「高原の湯」の内湯。一度に20人くらいは入れそうな大きな湯船で、名湯が満喫できる。

 

奥日光湯元温泉・奥日光高原ホテル/客室
奥日光の高原風景を窓の外に望む客室。グループ向きの広々とした間取りの客室が多い。

 

奥日光湯元温泉・奥日光高原ホテル/外観
背後に前日光山へと連なる稜線を望む、高原の宿らしい雰囲気が漂う外観。

 


奥日光湯元温泉・奥日光高原ホテル

ふりがな:おくにっこうゆもとおんせん おくにっこうこうげんほてる

住所:栃木県日光市湯元2549-6

電話番号:0288-62-2121

交通

電車/JR日光線・東武日光線日光駅から湯元温泉行きバスで1時間26分、終点下車、徒歩5分

車/日光宇都宮道路清滝ICから約50分

泉質:含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉

源泉温度:70.3度

奥日光高原ホテル】公式ページへ

栃木県日光市湯元2549-6

 

文・写真/飯出敏夫
(公開日:2016年11月23日)

8

関連記事

先頭へ戻る