検索

群馬/草津温泉・草津舘

草津温泉・草津舘/内湯(男湯)

こけしのいいゆ!ポイント

①湯畑前の家族的な雰囲気の宿

②2種の源泉かけ流しの湯船がある内湯

③木造3階建て、部屋数はわずか9室!


 

白旗と若の湯の2源泉が堪能できる湯畑前の佳宿

湯畑に臨み、すぐ隣接して共同浴場白旗の湯御座の湯があるという一等地に建つ。
1887 (明治20) 年創業で現当主で6代目という老舗だが、外観にも館内にも重々しい雰囲気が無いのは、家族的で気取らない経営方針のせいかもしれない。
魅力は、目と鼻の先にある白旗源泉のほかに、敷地内から湧出する自家源泉若の湯の存在だ。
この2種類の源泉かけ流しの湯船が2つ並ぶ内湯が男女別にある。
しかも、2つの源泉の泉質は同じにも関わらず、湯の趣はまったく異なり、白旗源泉は白濁、若の湯源泉は緑白色を呈している。
温泉好きにとっとは、これだけですっかりこの宿に魅了される。
建物は木造3階建てだが、部屋数はわずか9室
廊下には、かつて宿泊代の代わりに絵を置いていったという画学生の作品などが飾られ、アートな雰囲気も漂わせている。
部屋から湯畑の賑わいを見下ろす、この優越感はなんなんだろう。

( 写真上:男湯・内湯 )

 

草津温泉・草津舘/内湯(女湯)
こちらは男湯よりも広々している女湯。手前の浴槽が白旗源泉、奥が若の湯源泉だ。

 

草津温泉・草津舘/外観
鉄筋の大型ホテルが目立つ湯畑周辺で、昔ながらの情趣を漂わせる草津舘の外観。

 

草津温泉・草津舘/客室「湯けむり」の間
客室は2階と3階に全9室。写真は湯畑の賑わいを見下ろす「湯けむり」の間。

 

草津温泉・草津舘/夕食
夕食は手の込んだ料理が並ぶ会席料理。朝食とともに1階の食事処に用意される。

 


草津温泉・草津舘

ふりがな:くさつおんせん くさつかん

住所:群馬県吾妻郡草津町草津甲419

電話番号:0279-88-2027

交通

電車/JR吾妻線長野原草津口駅から草津温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分

車/関越自動車道渋川伊香保ICから約1時間30分

泉質:白旗源泉・若の湯源泉とも=酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

源泉温度:白旗源泉50.8度、若の湯源泉50.0度

♨︎公式ページへ

♨︎【楽天トラベル】ページへ
icon

群馬県吾妻郡草津町草津甲419

 

文・写真/飯出敏夫
(公開日:2019年12月2日)

◆カテゴリー:稀少/湯の色(白系)湯の色 (色系)|泉質/硫黄泉(万病に効く湯)酸性泉(殺菌の湯)

4

関連記事

先頭へ戻る