検索

新潟/栃尾又温泉・自在館

尾又温泉・自在館/内湯・貸切風呂「たぬきの湯」

こけしのいいゆ!ポイント

行基が発見したと伝わる古湯

ぬる湯にじっくりと浸かる長湯湯治

貸切で利用できる内湯と露天風呂


 

“子宝の湯”で名高い開湯1300年の越後の名湯

小出から越後駒ヶ岳や奥只見へと入る谷は、合併前の名称は湯之谷村。
まさにその名のとおりの温泉が数多く湧く谷間で、湯之谷温泉郷と呼ばれる。
その奥まったところにある栃尾又温泉は、奈良時代の名僧行基が発見したとも伝わる古湯で、古くから湯治場として知られてきた。
宿は3軒あるが、その代表格が自在館だ。
母屋のほか、向かいには大正時代築の湯治棟も残され、いまも滞在湯治客が絶えない。
3ヵ所ある共同浴場で約37度のぬる湯にじっくりと浸かる長湯湯治が特徴だ。
自在館にもいずれも貸切で利用する方式の風呂が内湯2つと露天風呂が1つあり、湯は入りやすいように加温している。
安価な湯治プランを用意するなど、いまも湯治宿の伝統を守り続けている。
( 写真上:貸切風呂「たぬきの湯」)

 

栃尾又温泉・自在館/共同浴場の霊泉「したの湯」
共同浴場の霊泉「したの湯」。1日ごとの男女入替制だ。( 写真提供=飯塚玲児 )

 

栃尾又温泉・自在館/外観
風格漂う外観。道をまたいで、湯治文化の伝統を守り続ける古風な湯治棟も健在。

 

栃尾又温泉・自在館/.貸切露天風呂「うけづの湯」
貸切露天風呂「うけづの湯」。右手には湯の沢川の渓谷や深山の風景が望める。

 

栃尾又温泉・自在館/客室(和室)
部屋は保養向きの和室が中心。足腰の弱い人用に和室にベッドを置いた客室もある。

 


栃尾又温泉・自在館

ふりがな:とちおまたおんせん じざいかん

住所:新潟県魚沼市栃尾又温泉

電話番号:025-795-2211

交通

電車/JR上越線小出駅から栃尾又温泉行きバスで31分、終点下車すぐ (上越新幹線浦佐駅から送迎あり、要予約 )

車/関越自動車道小出ICから約20分

泉質:単純放射能泉

源泉温度:36.8度

自在館】公式ページへ

37.185216, 139.086150

 

文・写真/飯出敏夫
(公開日:2016年11月23日)

◆カテゴリー:泉質/放射能泉(鎮静の湯)

9

関連記事

先頭へ戻る