検索

長野/葛温泉・温宿かじか

葛温泉・温宿かじか/露天「慶長の湯」

こけしのいいゆ!ポイント

①湯量の豊富な大町温泉郷の湯元

②清流沿いの自然環境抜群の露天

③ギャラリー併設!アートな雰囲気


 

高瀬川沿いに建つアートの雰囲気あふれる佳宿

大町市内にある温泉といえば、大町温泉郷の湯元でもある葛温泉が歴史的にも雰囲気的にも、
そして湯量の豊富な点からも代表格。
現在、葛温泉には3軒の宿があるが、いずれも数百メートル離れていて視界に入らず、
一軒宿の風情で点在するのが特徴だ。
「温宿かじか」は3軒のうちの中間、高瀬川の清流に臨む自然環境抜群の立地にある。
外観やエントランス部分を見ると北欧風の雰囲気さえ漂うが、客室6室はすべてしゃれた空間の和室だ。
風呂は内湯+露天が2ヵ所あり、意匠もロケーションも異なるので、夕食の時間帯に男女が交替する。
自然林に臨む露天風呂が、この宿一番の魅力といえよう。
1階にはミニギャラリーがあり、山の画家山下勇一郎氏の作品を中心に、
ときには近在の画家の作品も展示され、アートな雰囲気が楽しめるのも魅力のひとつになっている。
( 写真上:男女交替制・露天「慶長の湯」 )

 

葛温泉・温宿かじか/内湯
静かに湯浴みが楽しめる内湯は2ヵ所とも木の温もりを感じさせる落ち着いた造り。

 


高瀬川の清流を目前に、一軒宿の趣で建つ「温宿かじか」の特徴ある外観。

 


客室6室はすべてゆったりとした間取りの10畳+4畳で、書院の雰囲気が漂う。

 


食事は朝夕とも高瀬川に臨む食事処に用意される。繊細な料理が並ぶ夕食の一例。

 


葛温泉・温宿かじか

ふりがな:くずおんせん おんじゅくかじか

住所:長野県大町市平高瀬入2106

電話番号:0261-22-1311

交通

電車/JR大糸線信濃大町駅からタクシーで20分 (割安の乗り合いタクシーあり、前日までに宿に要予約)

車/長野自動車道安曇野ICから約50分

泉質:単純温泉

源泉温度:87.8度 (内湯)、72.4度 (露天)

温宿かじか】公式ページへ

36.4925813,137.7451653

 

文・写真/飯出敏夫
(公開日:2017年6月3日)

◆カテゴリー:泉質/単純温泉(やさしい湯)

3

関連記事

先頭へ戻る