検索

岡山/奥津温泉・名泉鍵湯 奥津荘

奥津温泉・奥津荘/内湯「鍵湯」

こけしのいいゆ!ポイント

①“美作三湯”の1湯に称せられる名湯

②重厚な玄関から、和モダンの粋な空間へ

③底まで透けて見える!美しい湯に感動


 

吉井川に臨む感動的な足元湧出泉の佳宿

奥津温泉は、湯原、湯郷とともに、中国山地の山間部に湧く“美作 (みまさか) 三湯”の1湯に称せられる名湯だ。
鉄筋建築の大型旅館が並ぶ湯原、湯郷に比べ、現在の奥津温泉は吉井川の清流沿いに湯宿がわずか4軒だけの小さな温泉地になっているが、その閑静な環境が実に好もしい。
奥津荘の創業は昭和8年
唐破風の玄関が迎える構えは重厚そのものだが、館内に一歩入ると玄関脇のラウンジをはじめ、和モダンにリニューアルされた粋な空間が広がる。
圧巻は、吉井川の流れに削られてできた湯の湧く岩盤の窪みをそのまま湯船にした、河床と一枚岩という足元湧出泉の浴槽。
1つは津山藩主が鍵を掛けて専用にしていたという「鍵湯」、もう1つは深いので立ったまま入浴する「立湯」で、時間を区切っての男女交替制。
適温の42度で毎分247リットル湧出と豊富な湯量を誇り、しかも底まで透けて見える美しい湯には感動する。
ほかに無料で自由に利用できる貸切風呂も2つ備えている。

( 写真上:男女交替制・内湯「鍵湯」 )

 

奥津温泉・奥津荘/内湯「立湯」(男女交替制)
こちらも足元湧出泉の「立湯」(男女交替制)。深さ120㎝、澄み切った湯が印象的。

 

奥津温泉・奥津荘/外観
古風な門構えが目を引く外観。館内は和モダンのしゃれた造りに改装されている。

 

奥津温泉・奥津荘/客室
本館2階の客室「銀杏」。本館6室 (洋室2)、離れは露天風呂付き和室が2室。

 

奥津温泉・奥津荘/夕食の一例
見た目にも美しい繊細な料理が並ぶ夕食の一例。料理目当ての宿泊客も多い。

 


奥津温泉・名泉鍵湯 奥津荘

ふりがな:おくつおんせん めいせんかぎゆ おくつそう

住所:岡山県苫田郡鏡野町奥津48

電話番号:0868-52-0021

交通

電車/JR津山線津山駅から徒歩4分の津山広域バスセンターから奥津温泉行きバスで約1時間、終点下車すぐ

車/中国自動車道院庄ICから約40分

泉質:アルカリ性単純温泉

源泉温度:42.0度

♨︎公式ページへ
icon

♨︎【楽天トラベル】ページへ
icon

岡山県苫田郡鏡野町奥津48

 

文・写真/飯出敏夫
(公開日:2018年12月31日)

◆カテゴリー:稀少:足元湧出泉|泉質/単純温泉 (やさしい湯)

2

関連記事

先頭へ戻る