検索

北海道/上の湯温泉・温泉旅館 銀婚湯

上の湯温泉・温泉旅館 銀婚湯/

こけしのいいゆ!ポイント

①森の中に点在する貸切露天が人気!

②館主が長年手をかけた森と遊歩道

③源泉4本!泉質名が若干違うのも◎


 

河畔の森の中に点在する5つの貸切露天が人気の的

国道5号の落部から渡島半島の中央部へ車で約20分、落部川の清流沿いに2階建ての木造旅館が一軒宿の風情で建つ。
周囲は北海道には珍しい楓を主とした広葉樹の森だ。
意外に思うが、これは館主が長年かけて植栽したもの。
対岸の敷地内に遊歩道も整備し、清流には専用吊橋が架かる。
その遊歩道沿いには左岸と右岸に計5ヵ所の貸切露天風呂が配置されており、この湯めぐりが銀婚湯の大きな魅力だ。
館内の風呂も充実している。
大きな岩風呂木造りの内湯があり、それぞれに露天風呂を併設し、男女入替制で楽しめる。
ほかに家族風呂もあり、まさに温泉三昧の宿だ。
源泉は4本、露天と貸切露天が2本の混合で源泉100%、内湯・家族風呂・足湯が4本の混合で約10%加水しているが、そのため泉質名が若干変わっているのも興味深い

( 写真上:貸切露天風呂・「トチニの湯」 )

 

上の湯温泉・銀婚湯/「渓流の湯」の露天風呂
館内には男女交替制の内湯+露天風呂が2ヵ所。写真は「せせらぎの湯」の露天風呂。

 

上の湯温泉・温泉旅館 銀婚湯/宿の全景
落部川に架かる専用吊橋。貸切露天が3ヵ所ある対岸側から見た宿の全景。

 

上の湯温泉・温泉旅館 銀婚湯/客室
客室はいずれもゆったりとした間取りの和室で全21室。写真は「大礼の間」。

 

上の湯温泉・温泉旅館 銀婚湯/夕食の一例
部屋食でゆっくりと味わえる、銀婚湯ならではの新鮮な素材を使った夕食の一例。

 


上の湯温泉・温泉旅館 銀婚湯

ふりがな:かみのゆおんせん おんせんりょかん ぎんこんゆ

住所:北海道二海郡八雲町上の湯199

電話番号:0137-67-3111

交通

電車/JR函館本線落部駅から送迎車(要予約)で20分

車/道央自動車落部ICから約20分

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(露天・貸切露天)、ナトリウム-塩化物泉(内湯・家族風呂)

源泉温度:74.5度(露天・貸切露天)、60.2度(内湯・家族風呂)

♨︎公式ページへicon

北海道二海郡八雲町上の湯199

 

文・写真/飯出敏夫
(公開日:2019年10月14日)

◆カテゴリー:絶景/渓流|泉質/塩化物泉(熱の湯)

2

関連記事

先頭へ戻る