検索

「旅の日の会」に参加してきました

旅の日の会/椿山荘会場全体

2018年5月16日/温コレ編集部

5月16日(水)「第31回 旅の日の会 (会場:椿山荘)」に、温コレ編集部で参加してきました。

このイベントを主催した日本旅のペンクラブは、昭和37年 (1962) 6月28日に設立。
松尾芭蕉が奥の細道紀行に旅立った5月16日 (陰暦元禄2年3月27日) を「旅の日」に制定し、年に一度、旅を愛する人々が集い、旅について考え、語り合う機会をつくっています。

この会では、毎年、旅の文化の向上に寄与したと認められる団体、個人、行政機関等に贈呈される「日本旅のペンクラブ賞」、“旅”をテーマにした川柳を広く国内一般から公募した「旅の日川柳の大賞」の選定も行い、贈呈式を行っています。

また、今回は外国人旅行客の受け入れ方と成功例として、新湯田中温泉・清風荘 (温コレ記事準備中)の大関松男さん、中塩原温泉・赤沢温泉旅館の遠藤正俊さんの記念講演があり、会場中が興味深く話に聞き入りました。

その後の懇親会では、各観光地の名物や宿泊券が当たる抽選会も行われ、大いに盛り上がりました。

 

旅の日/日本旅のペンクラブ賞
▲第38回日本旅のペンクラブ賞は、「まちの駅ネットワークかぬま」が受賞!

 


▲第10回旅の日川柳大賞は、約1万4000句の中から「元号を 二つ跨いだ 旅プラン」が受賞!

 

旅の日/湯田中温泉清風荘・大関松男さん
▲清風荘の大関松男さんによる講演「スノーモンキータウンのインバウンド集客」。

 

旅の日/塩原温泉赤沢温泉旅館・遠藤正俊さん
▲赤沢温泉旅館の遠藤さんによる講演「小さな旅館の大いなる挑戦」。

 

旅の日
▲実は、温泉達人は旅の日実行委員長!講演会のコーディネートも務めました。

4

関連記事

先頭へ戻る