検索

岩手/大沢温泉・菊水舘

大沢温泉・菊水舘/湯治部露天風呂

こけしのいいゆ!ポイント

宮沢賢治も愛した名湯

②立派な「山水閣」と風情ある「菊水舘」

ため息の出る美しさ!露天からの紅葉美


 

桃源郷を想わせる渓谷を染める紅葉美

花巻市郊外を流れる豊沢川沿いには、
下流から松倉・志戸平・渡り・大沢・山の神・鉛・新鉛の各温泉が点在し、
“花巻南温泉峡”と総称されている。
大沢温泉はちょうど中ほどに位置し、かつては宮沢賢治も親しく通った名湯として知られる。
大規模な一軒宿だが、受付や電話番号は立派な鉄筋建ての山水閣
古風な木造の自炊部、対岸に建つ菊水舘に分かれている。
菊水舘は江戸末期築の茅葺き平屋木造2階建ての建物から成り、
比較的リーズナブルな料金設定なのと、風情ある建物で人気がある。
風呂は3館にそれぞれあるが、山水閣の大浴場以外はすべて交互に利用できるシステム。
なかでも自炊部の開放的な混浴露天風呂から眺める紅葉はため息が出るほどに美しい。
( 写真上:混浴・自炊部露天風呂 )

 

大沢温泉・菊水舘/内湯
菊水館にあるのは檜造りのこぢんまりとした内湯。落ち着いて入浴できるのがなにより。

 

大沢温泉・菊水舘/客室
菊水館の木造2階建ての棟にある2階の客室。居ながらにしてこの紅葉美が楽しめる。

 

大沢温泉・菊水舘/外観
豊沢川の右岸に山水閣と自炊部があり、豊沢川に架かる橋で連絡する左岸に菊水館がある。

 

大沢温泉・菊水舘/湯治部と大沢荘
山水閣脇の坂道から眺めた、自炊部の古風な建物と紅葉美。息を飲むような日本の秋。

 


大沢温泉・菊水舘

ふりがな:おおさわおんせん きくすいかん

住所:岩手県花巻市湯口日蔭坂123

電話番号:0198-25-2233

交通

電車/JR東北本線花巻駅から新鉛温泉行きバスで25分、大沢温泉下車、徒歩5分

車/東北自動車道花巻南ICから約15分

泉質:アルカリ性単純温泉

源泉温度:51.0度

菊水舘】公式ページへ

岩手県花巻市湯口日蔭坂123

 

文・写真/飯出敏夫
(公開日:2016年11月23日)

15

関連記事

先頭へ戻る